スリランカ現地発着ツアー&サファリ手配のネイチャー・エクスプローラ・ランカ

  • +91 11 2228450
  • メールでのお問い合わせ
トップ > ツアーラインナップ > 固有種の宝庫シンハラージャの森 たっぷりバードウォッチング2泊3日

  • ツアー・プランを探す
  • ツアー一覧
  • スリランカの魅力
  • 野生動物・自然を楽しむ
  • 街・遺跡を楽しむ
  • スリランカの基本情報
  • ネイチャー・エクスプローラー・ランカとは
  • 会社概要
  • お申し込みからご出発まで
  • スタッフブログ
  • スリランカの魅力 動物・自然編
  • スリランカの魅力 街・遺跡編
ツアーコード

LKD11

料金:340USドル~ | 日数:2泊3日

固有種の宝庫 シンハラジャの森 

たっぷりバードウォッチング 2泊3日

専門のバードスポッターがご案内、バードウォッチャー&フォトグラファーにお勧め!

日程表 / Itinerary

  地名 スケジュール
1 コロンボ
シンハラジャ

コロンボまたはニゴンボのホテルまたはご自宅にお出迎え。一路、スリランカの南西部にある森林地帯シンハラジャを目指します(約3~4時間)。ホテルにチェックインし昼食後、専門のバードスポッターと合流しシンハラジャの森で探鳥。

Blue Magpie Lodge泊 or Rainforest Edge泊|食事回数:朝× 昼× 夜○
2

シンハラジャ

終日、シンハラジャの森で探鳥。

お茶畑や民家の果樹園などでもたくさんの固有種の野鳥たち

出会うことがあるでしょう。

Blue Magpie Lodge泊 or Rainforest Edge泊|食事回数:朝○ 昼○ 夜○
3 シンハラジャ
コロンボ

朝、シンハラジャの縁の森(保護区外)で探鳥。

その後、コロンボまたはニゴンボのホテルまたはご自宅まで送迎いたします。

食事回数:朝○ 昼○ 夜×
※ご希望に合わせて自由自在にアレンジいたします。 上記プラン通りのご旅行だけでなく、プラン記載以外のホテルへの変更や、専用車・ガイドのみのご手配、お食事なしのプランなど、一人ひとりのお好みに合わせたご旅行を手配させていただきます。

ランド・パッケージ料金 / Price

【Blue Magpie Lodge】利用
料金表 参加人数 お一人様あたりの料金

【安心】

日本語ドライバーガイド同行

4名様参加 (2名1室×2室) 340USドル
3名様参加 (3名1室)

360USドル

2名様参加(2名1室) 405USドル
1名様参加(1名1室) 720USドル
1人部屋使用追加料金 100USドル
【Rainforest Edge】利用
料金表 参加人数 お一人様あたりの料金

【安心】

日本語ドライバーガイド同行

4名様参加 (2名1室×2室) 390USドル
3名様参加 (3名1室)

405USドル

2名様参加(2名1室) 455USドル
1名様参加(1名1室) 800USドル
1人部屋使用追加料金 120USドル

※12/24、12/31のご宿泊が含まれる場合は、ホテルにより追加料金がかかります。

※上記の料金は、2018年11月01日~2019年04月30日までの期間中有効となります。それ以外の日付に関しては、
別途お問い合わせください。
※5名様以上、3部屋以上、12歳未満のお子様料金やエキストラベットについてはお問い合わせください。


料金に含まれるもの

シンハラジャの専門バードスポッター/日程表記載の宿泊費用/専用車および日本語ドライバーガイド料金/食事(朝2回 昼2回 夜2回)/そのほか駐車場代など諸費用

料金に含まれないもの

シンハラジャ森林保護区の入場料12USドル(シンハラジャでは保護区外の森林との境界付近や果樹のある場所で探鳥するケースが多いです。目的の鳥をガイドとご相談いただき森林保護区で探鳥をする場合には現地にて入場料をお支払いください)/個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)/ガイド、ドライバー、ポーターなどへのチップ/ETA(渡航認証)費用(実費USD35) ※スリランカをご旅行の際にはETA(渡航認証)の取得が必要です。オンラインでの申請・取得が可能です。

詳しくはお問い合わせください。

ツアーのポイント / Tour Point

固有種の宝庫、スリランカのバードウォッチングの魅力

スリランカは北海道の80%ほどの国土の島ですが、モンスーンの影響を受け島の北・中央部・南とで大きく植生が異なり、さまざまな野鳥たちと出会うことができる島です。その中でもシンハラジャ森林保護区とその周辺の森では固有種のバードウォッチングにはお勧めの場所。スリランカは34種の固有種(2017年現在)が確認されていますが、その多くを一度に観察できる場所がシンハラジャの森です。スリランカを代表する固有種セイロンサンジャク、2004年に新種として紹介されたセレンディブコノハズク(仮称)シンハラジャの森のみで観察されるセイロンバンケン、セイロンワカケミドリインコ、ズアカサトウチョウ、キビタイゴシキドリ、セイロンカノコモリバト、セイロンキュウカンチョウなどと出会うことができます。

  • Yellow-fronted Barbet キビタイゴシキドリ

  • Sri Lanka Frogmouth セイロンガマグチヨタカ

  • Layard's Parakeet セイロンミドリワカケインコ

  • Oriental White-eye ハイバラメジロ

  • Sri Lanka Hanging Parrot ズアカサトウチョウ

  • Spotted-winged Thrush セイロンジツグミ

  • Sri Lanka Wood Pigeon セイロンカノコモリバト

  • Sri Lanka Scimitar Babbler スリランカマルハシ

  • Velvet-fronted Nuthatch アカハシゴジュウカラ

  • Green-billed Coucal セイロンバンケン

出会える可能性のある野鳥

アカガオバンケンモドキRed-faced Malkoha, セイロンバンケンSri Lanka Blue Magpie, シロガオムクドリWhite-faced Starling, スリランカトラツグミ Ceylon Scaly Thrush, セイロンジツグミSpotted-winged thrush, セイロンヤブチメドリ Orange Billed Babbler, セレンディブコノハズク(仮称)Serendib Scops-owl, セイロンガビチョウashy-headed Laughing thrush, メジロOriental White eye, セイロンバンケンGreen Billed Coucal, セイロンケズメシャコSri Lanka Spurfowl, セイロンキュウカンチョウCeylon Hill Mina, イワミセキレイForest Wagtail, ズアカサトチョウSri Lanka Hanging Parrot, セイロンミドリワカケインコLayard's Parakeet, セイロンガマグチヨタカ Sri Lanka Frogmouth,キビタイゴシキドリYellow-fronted Barbet ほか多数

 

注意事項
*野生動物の観察です。地元のバードスポッターが努力をいたしますが、気象条件や農作業などの影響によりご希望の種が

 見れないことがあります。あらかじめご理解ください。
*シンハラジャ付近の森は雨が降ることもありますので、必ず傘などの雨具、カメラをお持ちの方はカメラを保護する

 雨具をお持ちください。

*帽子と運動靴を着用してください。雨の後はヒルがつきますので、現地にてヒルよけソックスをご用意いたします。
*野鳥の観察のために森の中、藪の中に入っていくことがあります。

その他
*野鳥撮影目的でカメラや三脚の運搬が必要な方は、カメラポーターの手配も可能です。

ホテルのご案内

Blue Magpie Lodge_ブルーマグパインロッジ:
多くのバードウォッチャーが利用するシンプルなゲストハウスです。

Rainforest Edge_レインフォレストエッジ:
自然の中にあるブティックホテル。部屋のテラス、プールサイドから村と森を望み、敷地内で野鳥観察もできます。バードウォッチングだけでなく、森に囲まれてリラックスした滞在をお楽しみいただけるホテルです。

  • お食事の様子

  • ホテルの開放的なプール

  • ダイニングエリア


ホテルの予約は自分でして、現地での移動手段だけ手配したいという方へ人数・ルートにあわせてお見積りします。車種はセダン(乗用車)からワゴン、コースター(小型バス)までございます。

スリランカではゲストハウス・クラスのホテルから極上リゾートと呼べるホテルまで、バラエティー豊かなチョイスがあります。

日本語ガイド、英語ガイドをご希望によって手配いたします。

野生動物の観察・写真撮影目的のお客様には、ナチュラリスト同行の手配が可能です。

ヤーラ国立公園ほか、各地の国立公園でのサファリ専用車とドライバー、ご希望によって現地ナチュラリストの手配をいたします。スリランカの森でのウォーキングサファリもおまかせください。

ミリッサやトリンコマリー、カルピティヤからのホエール・ウォッチングの予約、チャーター船の手配をいたします。いずれも季節が限られていますのでお問い合わせください。

Page Top