スリランカ現地発着ツアー&サファリ手配のネイチャー・エクスプローラ・ランカ

トップ > スリランカの魅力 > 動物・自然編

  • スリランカの魅力
  • 野生動物・自然を楽しむ
  • 街・遺跡を楽しむ
  • スリランカの基本情報
  • ツアー・プランを探す
  • ツアー一覧
  • ネイチャー・エクスプローラー・ランカとは
  • 会社概要
  • スタッフブログ
  • スリランカの魅力 動物・自然編
  • スリランカの魅力 街・遺跡編

スリランカの魅力 動物・自然編

サファリで楽しむスリランカ

ヤーラ国立公園 / Yala National Park

エレファント・ロックを望むブタワ・タンク

スリランカ南東部インド洋海岸沿いに位置する国立公園。モンスーンがもたらす淡水と海洋性の湿地が豊かな生態系を生み出しています。総面積979㎢ のスリランカで2番目に大きな国立公園です。
ヤーラ国立公園は5つのブロックに分かれて おり、解放されている2ブロックのうち、ブロック1(ルフナ国立公園)を訪問します。世界一のレオパード密集地と言われており、ブロック 1には59頭以上のレオパードの存在が確認されています(2015年現在)。その他、野鳥が215種(うち6種は固有種)、哺乳類は44種の棲息が確認されています。

  • アクシスジカ

  • ワカケホンセイインコ

  • カワリクマタカ

  • パタナンガラの海岸

  • セイロンゾウ

  • カワセミ

  • カササギサイチョウ

  • レオパード

ミンネリヤ国立公園 / Minneriya National Park

セイロンゾウの親子

セイロンゾウが大集合!シギリヤの近くにあるミンネリヤ国立公園は6~9月の乾期にセイロンゾウが集まることで知られ、150~300頭、多い時にはそれ以上の姿を見ることができます。ミンネリヤには3世紀に造られた大きな貯水池があり、現在では自然の湖のような様相で豊かな草地を作り出しています。そのため、乾期になるとセイロンゾウのほかにも、様々な野鳥や水鳥が飛来します。

  • インドトキコウ

  • コウハシショウビン

  • ウオクイワシ

ウィルパットゥ国立公園 / Wilpattu National Park

スリランカ最大の国立公園。レオパード、ナマケグマの観察で知られています。広大な園内は深い森に覆われ湖が点在。訪れる観光客がまだまだ少ない国立公園です。

レオパード

左上:ジャッカル 右上:水辺にやってきた象 左下:インドクジャク 右下: インドトキコウ

ウダ・ワラウェ国立公園 / Udawalawe National Park

ウダ・ワラウェの貯水池を持つ国立公園で水鳥、そしてたくさんのセイロンゾウ、野生のスイギュウが暮らすことで知られています。まるでアフリカのサバンナを思わせるような草原を歩くセイロンゾウ、アジアスイギュウの姿は大変美しいものです。ウダ・ワラウェには「象の孤児院」があり、怪我をしたり保護が必要となった小象が育てられています。ピンナウェラの孤児院とちがい、ここは“Transit Home、野生に戻るまでの通過の施設” とされ、野生へ戻すことが目的の施設です。1日3回、赤ちゃん象にミルクをあげる様子を見ることができます。
  • オオコノハズク

  • 赤ちゃん象にミルクをあげる様子

スリランカの豊かな海ではシロナガスクジラをはじめとするクジラに遭遇することができます。
その拠点が南海岸のミリッサ、東海岸のトリンコマリーなど。シーズンにはたくさんの観光客が集まります。
目玉はもちろん「ブルー」、シロナガスクジラ Blue Whaleです。
ハシナガイルカSpinner Dolphine、ハンドウイルカ Bottle-nose Dolphine も観察できます。
特に東海岸のトリンコマリー、西海岸のカルピティヤでは一度に数百匹のイルカの群れに遭遇することもあります。

ミリッサ沖 / Mirissa

11月~4月頃、南海岸のミリッサ~ドンドラ沖の深い海にクジラたちが集まります。もともとこの海域には固定して暮らすシロナガスクジラの群れがいますが、海の穏かなこの時期には回遊しているシロナガスクジラ、マッコウクジラ、時にはシャチがやってきます。 朝6時頃、ミリッサの漁港にはたくさんの観光客が集まります。多い日には何十艘ものボートがクジラを探しに出かけます。救命胴衣をつけて港を出発。クジラは潮を吹くことで見つけることができます。シロナガスクジラの場合、一度浮上してブロウイングをすると潜水し、次に浮上してくるのは15分後。その間粘り強く待ちます。

シロナガスクジラ



左:ハシナガイルカを観察 右:ハシナガイルカの群れ

トリンコマリー沖 / Trincomalee

ニタリクジラに接近

トリンコマリー沖では3~5月にかけてシロナガスクジラやマッコウクジラが観察されます。豊かなベンガル湾に面するこの海ではニタリクジラやゴンドウクジラが観察されることもあります。ハシナガイルカの大きな群れと出会うことが多い海です。

左:ハシナガイルカ 右:ビーチリゾートも充実

カルピティヤ沖 / Kalpitiya

ハシナガイルカの群れ

潮の流れのきついカルピティヤ沖はクジラやイルカが観察できる時期が限られます。ラグーン側ではスリランカ・ピンクイルカ Indo-Pacific Humpback Dolphin が、沖合いでは何百匹ものハシナガイルカの大きな群れに、時にはクジラに遭遇することができます。


○スリランカのマリン・アクティビティ

南海岸ではヒッカドゥワを中心にサーフィンやシュノーケリング、ダイビングをすることができます。
東海岸ではトリンコマリー沖にダイビング&シュノーケリングスポットが存在し、海洋国立公園に指定されているピジョン・アイランドでは100種を超えるサンゴ、300種の生物が確認されており、2004年の津波で破壊されたさんご礁も復活してきています。シュノーケリングでもウミガメやブラック・ティップド・リーフシャーク、バラクーダなどと出会うことができる海です。
東海岸のアルガン・ベイは世界的に有名なサーフィンのメッカです。
※シュノーケリング、マスク、フィンなどはご自身のものを持参されることをお勧めします。(現地のものは質が悪かったり、とくにフィンはサイズが合うものがないことがほとんどです。

歩いて楽しむスリランカ

シンハラジャ森林保護区 / Sinharaja Forest Reserve

シンハラジャ森林保護区は東西21km、南北は7km、面積88平方kmの小さな熱帯雨林の森ですが、昆虫、両生類、爬虫類、鳥類などの固有種が生息することで知られています。 熱帯雨林のトレイルを歩いて野鳥を探し、森の植生を観察するハイキングを楽しむことができます。保護区内(隣接)したエコリゾートの滞在もお勧めです。

  • うっそうとした熱帯雨林を歩く

  • カオムラサキラングール

ホートン・プレインズ国立公園 / Horton Plains National Park

ホートンプレインズ国立公園からの景色

2010年に世界自然遺産に指定された「スリランカの中央高地」の中に位置するホートン・プレインズ国立公園。標高1800~2300mの高地で、マハウェリ、ケラニ、ワラウェの3つの川が流れる多湿なエリアです。 多種の動植物、豊かな固有種で知られています。雲霧林が広がり、ダーウィンの進化論にも登場したセイロンサイヅノトカゲや、スリランカオ オトカゲ、スリランカサンバー(水鹿)などをはじめとする生物が棲息しています。

  • カオムラサキラングール

  • ススイロヒタキ

  • セイロンメジロ 

聖山アダムス・ピーク / Adam's Peak

聖山アダムス・ピーク(2,238m)

スリランカ中南部の山岳地帯に位置するアダムス・ピーク。標高は2,238mで、スリランカの最高峰ではありませんが、この山はスリランカ随一の聖地として人々の信仰の対象となっています。この山の頂上には足跡が残されており、アダムス・ピークは別名スリー・パーダ(聖なる足跡)と も呼ばれています。この山を崇める人々はそこを目指して巡礼に訪れます。スリランカは様々宗教を信じる人がいる多民族国家ですが、この山はそれぞれの宗教に共有されている聖地で、その意味で文字通りスリランカ中の人が信仰しています。具体的には、仏教徒にとってはこの足跡はブッダがスリランカを訪れた時に残したもので、ヒンドゥー教徒はシヴァ神の足跡とし、イスラム教では最初の人間であるアダムが楽園を追放されて地上に降り立ってつけたもの、キリスト教では同じくアダムの足跡または使徒トマスの足跡と、それぞれに信じられているのです。宗教の垣根を越えた 聖性を持つこのアダムス・ピーク、近隣のヌワラエリヤの後に少し足を伸ばして訪問されても良いかもしれません。 巡礼登山は暑い日中を避けた深夜に出発。乾季のシーズンは巡礼者でにぎわっており、中には裸足で歩いている人もいます。彼らと共に目指す聖山の山頂では神々しいご来光が私たちを迎えてくれます。

スリランカはバードウォッチングでも有名です。スリランカの固有種の鳥も多く、11~4月の冬には渡り鳥も加わり各地の水場や森がにぎわいます。ホテルの庭の木にも、道中の畑にも、そして国立公園の森にもたくさんの野鳥を見ることができます。双眼鏡を忘れずに!

【お勧めの本】スリランカの野鳥観察でおすすめの本です。
  • カワリクマタカ

  • ウオクイワシ

  • ムネアカアオバト

  • スリランカアオバト

  • コハゲコウ

  • キトサカゲリ

  • スリランカヤケイ

  • ヒタキ

他のアジア諸国では観察することが難しいスレンダーロリスを観察できるのがスリランカの森。 スリランカには固有のスレンダーロリス、和名ハイイロホソロリス Grey Slendar Loris とインド亜大陸固有のアカホソロリス Red Slendar Lorisが生息しています。本来は島のあちこちの森に暮らしていましたが開発により棲家をうばわれその数が減ってしまいました。また体が小さくサルとはいってもふくろうなどの肉食の鳥に捕食されてしまうため、姿を見ることは容易ではありません。夜行性で体長15~25cm。観察に出かける人は運動靴に長袖長ズボン着用でご参加ください。写真撮影にはフラッシュは使えませんので一脚か三脚に高感度撮影の調整できるカメラが必要です。観察に普通の懐中電灯は使用できません(赤外線ライトのみ)
ニゴンボ郊外、シギリヤ、シンハラジャ森林保護区での観察が可能ですが、天候・時間帯などに左右されます。ご興味のある方はスタッフまでお問い合わせを!

ホテルの予約は自分でして、現地での移動手段だけ手配したいという方へ人数・ルートにあわせてお見積りします。車種はセダン(乗用車)からワゴン、コースター(小型バス)までございます。

スリランカではゲストハウス・クラスのホテルから極上リゾートと呼べるホテルまで、バラエティー豊かなチョイスがあります。

日本語ガイド、英語ガイドをご希望によって手配いたします。

野生動物の観察・写真撮影目的のお客様には、ナチュラリスト同行の手配が可能です。

ヤーラ国立公園ほか、各地の国立公園でのサファリ専用車とドライバー、ご希望によって現地ナチュラリストの手配をいたします。スリランカの森でのウォーキングサファリもおまかせください。

ミリッサやトリンコマリー、カルピティヤからのホエール・ウォッチングの予約、チャーター船の手配をいたします。いずれも季節が限られていますのでお問い合わせください。

Page Top